忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

何で日本人がイタリア人!? 11

ロシアに「王族の国」?

何で日本人がイタリア人!? 10




オスマントルコ帝国の領土は日本人が思い描く「帝国」の理想の領土の大きさと比べると、
かけ離れた小さい領域を任されていたのではないでしょうか。


少し、軽率な扱いをしてもいいくらいの、小さい帝国だったのかもしれません。


「こんな小さい領土、(日本として)何に利用してやればいいのか・・」

(検索結果の図です)



汎アラブ主義では、日本はトルコに対して優位な立場をとることができる。

何よりも、日本は、列強(ヨーロッパ)の一員となるチャンスでした。


トルコから何千キロメートルも離れた東洋に住む日本人は、日本は、東洋に位置する、伝統的で広大な島の領土を領有する、トルコの皇帝の父のような存在ではないか、と考えているのかもしれません。


つまり、「日本は、オスマントルコを有名にしてやることに一役買ってやろうかな」と言っただけで、イスラム教やその帝国に敬意を払ったわけではないのです。

敬意を払うべきなのは、国の名前を有名にしてもらった、皇帝のほうであると考えているのかもしれません。




他にも、ヨーロッパの仲間入りを果たしたかった国があり、インドの方面では、

汎アラブ主義で、


イスラム帝国インド領から、

オスマントルコ帝国の領土だったかな・・

という場所に位置する、バングラデシュ・・という国が、

本当のインド人の国、本当のイスラム教の国、バングラデシュとして、独立したそうです。






都合のいい政治思想があればオスマントルコは、利用するべきだが、

独立した領土は、元々、オスマン帝国の領土内ではなかったということです。




しかし、列強(ヨーロッパ)の仲間入りをしたい一心で、

「しかし、有名になったのはオスマントルコ帝国のはずなのです。」

そう言う。




バングラデシュも、日本も、父なる神の国がオスマントルコ帝国の上位に位置しており、

内政を自由に操作できる「本当の皇帝だ。」と言うんですから驚きです。


そして、帝国の住人には、「キリストを信じなさい。」と言うのですか。


前に書いた記事です キリストの父なるヨセフ様の怒り



ヨーロッパの政策のお陰で、インドの神様の国が独立?
本当のインド人の国じゃなくて、ただの奴隷の国じゃない・・・?

God,the greater who lives in the darkness
PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R