忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

アフリカの貧困を支援

・文章を短く編集しました。


アフリカの貧困
「私世界の子供」 と言う。

慈善活動は、アフリカの貧困支援。
アルバイトの私には無理だよ。

「貧しい子供がいるんだけど。」

アフリカなどの貧困支援団体は、そういう態度のもはや宗教だ。


日本の国土交通省の末端期間のアルバイトの席の私。

東京やそのほかの主要都市で写真展は、無理だよ。

芸能人など方が慈善活動などで。

”じゃぁ、芸能人になって”って言う貧しい子供がいる。

--------------------------------------------------




そういう態度の職員が気に入らないらしくて

貧困に苦しむ子供の支援をする団体に一度は在籍しました、日本国籍を有する日本人。


彼らは年間、金額にして100億円相当以上の支援を要求していました。

アフリカ人として家系図や住所が定かではないという立場から考えても、

アフリカの貧困の子供の姿をとるつもりなのだと思います。

子供は、要求が通るまで子供の母親も父親も、肌の色が黒いアフリカ人の姿なのです。

アメリカに単身渡航して暮しているうちに、黒人と結婚したという話に似ているのだと思います。


日本人の母親は、日本国に旅行に来たアフリカ人です。

アフリカに旅行に来た日本人でもあります。


日本人もアフリカ人も”自動車を買いたい”と言います。


旅行に来た外国人として自動車を購入する必要性を感じません。


日本人も貧しいアフリカ人も”みんなの分が足りない”と言うからです。


「首都のテヘランが空爆されて苦しんでいるイスラム教徒はあなた自身なのかもしれない。」

サウジアラビアはアメリカの経済を支えているそうです。

インドはアメリカの支援なら、してくれるそうです。


アメリカは黒人差別に反対している国です。

「日本人の母親と家族なのに、アフリカという国だけ消えてしまいます。」

アメリカのオバマ大統領が助けられなかった黒人の子供を大統領選挙の候補者に、

可能性に未来を見出す子供もいるかもしれません。


 政府専用機のエアフォース・ワン、インドやイランでは、貧困層の支援というのは、アフリカ人の支援以外では考えられないということです。

アフリカの貧困団体は現在、本当に世界の支配の頂点に立っていると思います。


アフリカ人の子供はいくら貧困でも自分の誇りを失わない方がいいと思います。


誰かがイスラム国という貧困のアフリカのような国を作ったそうですが空爆で消えそうです。

「アフリカは、分配されるべきだ」と言っているアフリカの貧困支援など到底思いつかないわけです。





--------------------------------------------------


インドがアメリカと名づけた日本政府が、アフリカの貧困の子供は理解していないかもしれないんですが、もうとっくに消えた国なのよね、アメリカって!?

アフリカの貧困の支援をしてくれているのは純血種の日本人のお父さんお母さんが持ってる日本政府。

PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R