忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

Hetalia - フランスのつぶやき⑧ 











今日も、フランスのつぶやき。

<王妃マリー・アントワネットについての証言>



■バスティーユで世話係をした少年の証言



私は、自分の家では、それまでジャガイモの皮をむいたことがなかった。

ある日突然、牢獄で働くよう命令され、料理を習ったんだ。



王妃様は、遠い入り口から、白い服を着て入ってきた。

みんなが、「王妃が来た」といった。

私には、王妃という者がが何者なのか、よく分からなかった。

ただ、自分の家にいる最長老の家族に接する時のように、

最もうやうやしく、丁寧に、敬意を持って接しなければならないといわれた。

私は1人では王妃に会わなかった。

いつも、私の監督と一緒に、部屋に入り、世話をした。

私は一度も言葉を交わさなかった。

私は、王妃と監督係が話すのを聞いたが、みんなが言うほど、特別な人には見えなかった。







■ある女性貴族の証言



私は、イギリス人に似ているの。

つまり、わたしはフランスの王妃にとても興味があるの。



そして、私はイギリス人同然に、王宮に出入りできる身分を手に入れたの。

私は、王妃に近づこうとしたの。とても興味があったから。



みんな、何か勘違いしているんじゃないの?

宮殿は、静まり返っていて、まるで役所のようだったわよ。



私だって、宮殿の中ではかなり顔が利いたわよ。王妃と話したですって?

王妃って、すごく遠い存在なのよ?そんな偉い人と話をしたって言うの?



私は、王妃が話しているところを一度も見たことがないわ。

彼女の執務の机を垣間見ることは出来たんだけど、丁度空席だったの。

彼女が重要な仕事をしているのかどうかも、結局分からずじまいよ。







■馬屋係の証言



王妃様は、ラファイエットって言う将軍がすきなんだ。

ラファイエットの馬を預かっているんだ。

将軍の馬だぞ!

カッコイイなぁ~、あ、くれぐれも馬には近寄るなよ!







■王妃の侍従の証言



トリアノンに行ってみるかい?

トリアノンを見れば全てが分かるようになるだろう。

トリアノンは、王妃のお気に入りばかりがいるから・・。

トリアノンの庭園は、結構趣味がいいと思いませんか?

テーマがあるからだよ。

晴れた日なら、王妃好みのテーマを探すために、庭の草木に話しかけるのもいいかもしれませんね。







■王の侍従の証言



離宮の泉を見ろ。お気に入りの場所なんだ。ラオコーンって知っているか?

ラオコーンには泉が必要だと思って、作ったんだ。

完璧だよ、この表情・・・・。



ラオコーンて言うのは、とうもろこしの名前じゃないぞ!

古代ギリシャ時代のトロイアのアポロンの神官だったんだ。

なんで、こんな所にいるんだろうな?!










もちろん、フィクションです。実際の人物・団体には、関わりがありません。

PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R