忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

だから、アメリカは会社やってるの?

ロシアは天然ガス会社、フランスは、イタリアは、ブランド会社。

じゃ、アメリカは?




日本の街にもいる、王族候補は、みんな、自分だけが子供を生みたくて子供を生みたくて仕方がないんだ。

自分の子供だけに高額なブランド子供服着せて自慢したいんだ。

王子の数は本当に少数だからだ。

低能な労働者をおしのけて、

「仕事してるのは私だけ、買い物するもの私だけ、そんな優秀な私は王族」

というのが最近の一般的な考え方らしい。

給料で、ブランド品買われて、自分以外に有名になる子が一杯いたら困るじゃない?

ある1人の王族を作るための失業者数を、10万人と設定した場合、

ルイヴィトンのバッグ(1個100万円)の売上を支える王族の一人当たりの支払い総額

1,000,000円×100,000人(失業者)=100,000,000,000円

1年に、1000億円の支払い。会社の実績、1人当たり、バッグ10万個生産、販売。




アメリカは会社がないわけじゃないじゃない。

アメリカは、会社がないわけじゃないじゃないんだよね。

だから、彼らの結婚式費用は、300万円くらいだった?

今ローンを組んで、買っているのは、「日本製の車」600万くらい?

あと、マイホーム4500万くらい?日本は新築の住宅を沢山作る自由はあるんだけど、アメリカにはどういう風に利益が転がる仕組みなんだろう?




これから、日本皇室に嫁ぐ超大金持ちのお嬢様、お坊ちゃま以外はアメリカは作らなかったはずだ。


アメリカ製出産準備セット 100万円

アメリカ製ベビーカー1台、100万円、

アメリカ製ベビーカーベッド1台、100万円、

アメリカ製ブランド子供服、1着10万円の、10着セット100万円。



子供のおもちゃは生きている高級ペット。

子供は成長するにつれてどんどんお金がかかるようになる。自分用の車を欲しがったり、飛行機を買いたいというかも。

フォードが赤字?ありえん。



100円ショップに、普段買い物に来る子供を沢山作るなら、うみねこだって、結婚して子供を沢山作ったっていいんですよ。

だから、100円ショップで買い物をしている彼らは、支払いを怠っている王族に見える。

彼らに日本の将来の王族をやる気があることは確認したんだ。

彼らは王族になるために頑張っているんだ。競争に勝てばいいと思っているらしいんだ。

だから、彼らは前には、中古の服を着て街頭に立ち、「差別をなくす社会」とかわけの分からないことを言って、人々が店で購入した服を無料で譲らせたりした。

その後、「中古の服を着ている人を差別しないで」といって、自分と同じ中古の服を買わせた挙句、みんなに着せる。

その後、難癖つけて、ライバルを職場から追い出す。

その後、会社に就職。中古品の服を脱ぎ捨て、「お店の「3000円」の服が買えるのは、王族の私だけ。私の子供は王子様(王女様)。」と言う・・・・。

「これからも、競争に勝ち続ければ、予定通り正田美智子になれそう。」そう思ってるみたいだ。



100円ショップにベビーカーを引いたり、子連れでやってきて、ニヤニヤ愛想笑いされても・・。

故郷に強制送還しちゃえ!



日本一優秀な資本主義者で、王族の正田美智子の買い物の領収証が見てみたいよ。

「生活を保障してください、安くしてください、うちは子供が沢山いて・・・」なんてありえませんよね?


競争に勝ちたいなら、王族は、アメリカの「100万円ショップ」で、買い物をしてくれるだけでいいんですよ。

日本にいる、王族候補は、何人?

単純に考えて、全人口から、独身の失業者の人数を引いた数かな~?

失業者が全員死ぬと、支払いの義務が消滅し、ルイヴィトンのバッグでいったら、自分の分1個=100万円の支払い義務しか発生しないと思っている甘い王族もいるらしい。

王族一人当たり1000億円の支払い義務が、10万人の人口を殺害するだけで、100万円に?

ただの人殺しに見えますけど。

その日って、フランスの全人口100人くらい?

それとも通貨の変動で、100万円の価値が10000億円に?

PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R