忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

ハートのネックレス 続きの続き 1

・追記を書きました。
2016/09/10 14:58:57
この前書いたうわごと TROY 女神の神殿


メモ帳に落書きしてみました。














<追記>
最近、日本(のお寺?)に興味深い人が住んでいる

と、外国人に思われたらしい。

という記事を書きました。

・・えっ!?

私のことなんですか・・?湾岸とキャンプ


それで、この記事にも、追記しようと思ったのですが、

私は、アメリカが作った古代エジプトをテーマにしたゲームは、
現代~未来のゲームにも繋がっていて、
ギリシャ語やエジプト語を思い出した時、
一緒に古代トロイ語を思い出すかもしれないと思います。


トロイ語はトルコ語であるべきなんだし、
自分もアナトリア地方の人だったと思い出すということなんだと思いましたけど、

アメリカ映画を見るように言われている日本で、
アナトリア地方の人ってTシャツ着てるんですか・・・?


世界遺産に指定された寺院のある日本では、

歴史的町の住人は実はトロイ人の末裔かもしれない・・・?!

という記事も書きました。His Home City Nara27 TROY


日本語(英語?)はトロイ語!?
歴史的町の住人は、中東に出かけて行って、
アメリカ軍の人と一緒にイラクとかに住み着こうとしているんですか・・?
イラクの妃の位 続き 14 & Advent.Children 2


インドのお寺でエジプトの歴史発掘・・?Princess Kiko of Japan




・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

※さっき追記を書いた別の記事です 映画 TROY


インターネットを検索して、想像の古代地図を作ってみました。



私は、映画TROYに出てきた謎の古代神殿について悩み続け、
女神像はギリシャの宗教と一緒にトロイに持ち込まれたものかもしれないと思いました。

神殿の中にある女神像は、デメーテールというギリシャの女神か、ポセイドンの妻の海の女神ティティス(アキレウスの母)ではないかと思いました。
TROY 女神の神殿



アキレウスはギリシャ一帯を支配している勢力で
アイギーナ島から来た民族だったそうです。


(wikipedia アイギナ島 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%8A%E5%B3%B6 )




アキレウスを雇ったギリシャ王の宮殿はどこにあったのでしょうか?
調べたところ、ペロポネソス半島はギリシャ人の植民地のあった場所だそうです。

私の想像では映画TROYの中のギリシャ王の宮殿は
アルカディア県トリポリにあったのではないかと思います。

トリポリの宮殿の遺跡を探したところ、リビアのキュレネーの遺跡の写真が沢山出てきます。

私はデメーテール神殿はトロイにあると思ったのですが、
キュレネー(アイギーナ島~ギリシャ王の領地)にあって、
トロイには無かったのかもしれないと思いました。



残った想像は、
トロイのポセイドン神殿にあった女神像は、
アキレウスの生母ティティスを祀る女神像かもしれないということです。




トロイがあった場所は発掘に関わった考古学者の想像に頼るところが多く、
古代のことは想像がしにくいですが、
アメリカが作った古代エジプトをテーマにしたゲームで遊んでいるうちに
ギリシャ語やエジプト語と一緒に古代トロイ語を思い出すかもしれない。
とか書いてみました。
Age of mythology 


トロイはギリシャからかなり離れた対岸の小さな港湾都市国家で、とても小さく見えます。

だから、敵が現れる度、強大な国家に頼ろうとすると思います。
それはエジプトのQesm Al Qoseirの沿岸部にあったと思います。

エジプトの城壁を堅固にすることだけが、
小さな国トロイの生き延びる道だと考えさせられていたのではないでしょうか。







トロイのあった場所は、知らないのですが、
考古学資料とは別に自分のイメージで地図を作ってみました。
諸外国をエジプト化

その上、TROYという場所にはその女神像があったという事実があります。




トロイと戦った時のアキレウスの勢力は、画像左上赤丸で囲った▲マークの場所の辺りではないかと思いました。

画像左下は▲の町の拡大図です。

日本で発売されたゲーム TROY無双 に
古代の町の風景が描き出されていました。

住人だったギリシャの英雄アキレウスは、
ゲームでも映画でも、目の色が青くて髪の毛の色が金色の姿をしています。

アイギーナ島からプティーアに移住し町があったそうです。

マグニシア県https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%A2%E7%9C%8C

(写真は検索結果の写真です。)

実際は、アキレウスは、アイギーナ島周辺のギリシャの南部(画像左上、赤丸で囲った?マークの場所)の辺りのほうが勢力が強かったのではないでしょうか?
普段、攻略しようとしていたのはメガラの町ではないでしょうか?



トルコ沿岸部にある別の都市国家も同じで、
存在を維持するため大国の軍事力を利用したと思います。

(画像左上、イズミル付近の黒丸で囲った場所)
アイドゥン県は古代エフェソスの港として繁栄した町と書いてあります。
アルテミス崇拝で知られたギリシア人都市だったそうです。

Wikipedia エフェソス https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%BD%E3%82%B9

トルコの観光案内で、図書館の遺跡を見ました。
JATA 旅博2013に行く

最近、アレキサンドリア湾で遺跡が引揚げられ、誰かが展覧会も開催しました。
金色の雨の降る街 (3) 






マグニシア県の遺跡

を検索したところ、ごく小さい人間の像の写真を発見しました。

上の画像右上の写真の、
卓上に乗っている何か白い物体が、女神の像でしょうか?

DIMINI遺跡からの発掘品に、Troieと書いてある画像を見つけました。

加護を受けるべきトロイの信者が、神(ティティス)の子(アキレウス)に殺されてしまったのでしょうか?(どういう宗教・・・?)

(写真は検索結果の写真です。)





※「エジプトの城壁」のことを書いた別の記事もありました。

その記事を書いた時は、
プトレマイオス朝とかアメン神殿のことを書こうと思っていました。
思いつきで、どんどん追記を足したので、謎の記事になっています。
エジプトの碑文


PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R