忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

シルクロード閑話

中国には昔、関門が沢山あってそれは異教徒を排除するための重要な砦だった。

関門の周りには小さな町が沢山できてブランド品を取り扱っている商人がいる。

こういう人?






彼らは、現在のカシュガルの辺りかららくだに乗って遠くの家に帰る。

彼らの帰り道は2手に分かれ、一つはカスピ海の辺りで、もう一つはテヘランの辺りで忽然と消えてしまう。






彼らに会うのは大変で、テヘランからバクーへ回るとイスタンブールへの巡礼の道が開かれる。

また、テヘランからペルシャ湾のほうへ向かうとメッカにたどり着くという噂だ。






最近は中国人や日本人や韓国人が、目の青いヨーロッパ人に心酔してしまっている。

これは一体どういうことだろうか?






黒人でも青いガラス玉のような目に憧れている人がいる。

目だけが青い黒人なんか美しいかもしれないな。

ところがそういう固体はなかなか生まれない。

青い色は高貴だ。

ベールの色は、彼らの髪の色に取り替えてみた。






ヨーロッパ人のような青い目の人はアフリカや中東地域には少ない。イランは一旦アフリカを拒否した?

別の地域から信者を獲得し、まず、イランに入れて教育する。

彼らは全員イラン人で、彼らの都はテヘランだということを覚えてもらわないと、首都が意味不明にヨーロッパのほうへ移動してしまうからだ。

イランを経由して カシュガルに再び入れる商人は青い目で髪の毛がちょっと金色。

美しいギリシア語の歌などを歌ったりするらしい。






中国人は、我先にと、iphoneを手に入れるために、Apple Storeの行列に並び始めた。






イスラム教徒はけっこういろいろな場所に住んでいる。

この前も事情を知っているインドネシア人が「私たちも携帯電話くらい持っています!」と日本のTVで、怒りをぶちまけていた。インドネシア人は漢民族の仲間らしいが、アメリカ人になりたいのだ。

それから、「インドネシアでもコーヒーの栽培位しています!!!」とか言っている。

インドネシアは、どんどん、ヨーロッパよりの政治思想を持った国へを変わっていくのかもしれない。




日本は中国の更に東の海上にある列島で、中国を経由して珍しい青い目を手に入れるのは可能だ。日本人は一応ヨーロッパ人を羨ましがっている。




日本国内に居住している様々な外国人がいる、

日本人はアメリカ人からは、身分が違うと言われた。

ロシア人も日本人とは身分が違うといった。

中国人も日本人とは身分が違うといった。

このまま彼らの居住区が日本にも形成されるのは、この国が中国になることを意味する。

青い目の人はもっともっと増える。

一部の日本人がインドネシア人と付き合っていると言うが、おそらく、中国人の人が日本語を話して日本人の振りをしているだけだろう。




漢民族の国にイランが駐留しているのか、漢民族+ロシア北方民族の地域にイランが駐留しているのか・・中国人も、ロシア人もイラン人を勝たせたいと思っているらしい。




イランは今も世界の中心地だ。

イランは伝統的に通行路の狭間に位置している。

イランは現在も、聖地の崇める神に支配されているかもしれない。イスタンブールの神も、メッカの神も、エルサレムの神も、イランの神なのだ。




イスタンブールがトルコ政府に無視されているとか、もう虫の息だとか・・・エルサレムは完全に包囲されているとか・・・。

よく考えると、プロテスタント教会はイラン人の教会だということを意味するだろう。

漢民族はプロテスタント教会を支援し始めたということだ。

日本人が話しかけるとイランの人は何か言いにくそうに口ごもるけれど、イランの理屈だと、エリザベス女王はアフリカの家族として大陸を支配する理由がない。

そして、ここには一応日本国という国がある。

ウィリアム王子がケニアに視察に来たらしいが、彼がアフリカで意見を言うなど、お門違いだ。

キリスト教徒はアフリカから来たとか、伝統的にここは黒人の領土だったことを思い出して欲しいというと、プロテスタント教会を使って文句を言ってくるほどにイランは大きく成長した。

エジプトの奴隷の家から出た黒人の宗教を借りて・・・彼らは大きな軍事力を手に入れた。

PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R