忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

アンドレア様二度目の結婚式

世界の王室ブログに出ていた記事です。

アンドレア様二度目の結婚式http://yaplog.jp/theworldroyals/archive/1739





モナコ大公国のプリンセスカロリーヌの第一王子、アンドレア・カシラギが、スイスで結婚式を挙げたそうです。

まぁ~すごいティアラ!!



いいんですよ、誰でもドイツ人のお嫁さんになれるんですから。

これからは、誰でも、ドイツ語を母語にすることが出来るんですよねっ。

コロンビアの、スペイン語だかポルトガル語なんて、海水でカボチャ洗ってたの思い出しちゃうじゃない?



まぁ~・・・うっとりしちゃう。

これで、オーストリア語を話す高貴なご夫妻の出来上がりっ!

見てください、このゴ~ジャスな、宝石の数々をつけた、オーストリア女性を・・。


流石の王子も見惚れていますね・・。

これで、王子も、オーストリア語を母語にしますよね!やった~。

これからは、貫禄あるオーストリア語を話して、皆さんに披露してもらいたいものですね~。




最近のホーフブルグには、誰でも住めるんですよね☆

すっごい時代になったものですね~。

”モナコの王子”なんてやめちゃえば、もっとゴ~ジャスな生活の数々がお二人を待っているんですね!




お二人の王子様らしいという写真も発見!

お名前は何ていうんでしょう?

早期からのドイツ語教育が、高貴な人への道を歩む鍵になるようですね!

ていうか、イタリア語なんか、もう捨てちゃう勢いですね(^^)






GUCCI of モナコ姫は、今日もゴージャス!

ハタで見ていると、もうモナコは、国がやれないと言われているような気がしますが、まだ、気がつかないのか、フランスの庇護を受ければ独立の道もある?

この服も、貧民の配給を取り上げて買っているんでしょう?

ドイツ語を話し、モナコをすれてば、本当のオーストリアの宮殿に、今なら誰でも、住めるんですよne~。




さて、これから、後何人の外国人女性が、ゴージャスの塊のオーストリア宮廷に魅せられてくださるのでしょうか?

最後の砦、イタリア女は、カロリーヌ王女の第2王子ピエールの嫁候補!

ブログの情報によると、プライド砕かれたイタリア女になるのも秒読みとのことです!




どうして、そんなに、ドイツ語がいいの?

ドイツ語が母語だと、何がいいの?

王子様がみんなかっこいいから?

イギリスのウィリアム王子と親戚になれそうだから?

ていうかオーストリア至上主義だから?!


イタリア王子は、ピザ屋でバイト中。

フランス女もティアラがないとイタリア語なんか価値がないって・・・せちがらい世の中ですね。

オーストリアは、革命で没収した宝石収蔵庫でも持ってるんでしょうか?

あ、ちなみに、ドイツ語仲間入りNO1は、モナコ大公国の元首、アルベール大公です。

うみねこの部屋に放映されたのは、ドイツ語の副音声が被ってるインタビューだったよ☆

もはや、大公は話してないから☆

ドイツの声優さんも、大公の声の出演なんて役得でしたね~。

PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R