忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

Putin's New Year Address 2018




イギリスは、キリスト教徒のためにチャリティー(寄付金)やボランティアーを募集していて、

フランスはその支援の義務を課されている。

インターネットで検索すると、スペイン王はブルボン家の家系ではあるが、
近代にイギリス王室と結婚を始めて近しい親戚になることにしたらしいと書いてある。

それから、ロマノフ家一家がスペインに亡命しているというインターネットの情報も見た。

それが、事実なら、スペインは人質を取った挙句に、VATICANに掲載のある各国語の話される地域や、ロシアの金をとろうとしているのかな・・?と思う。

(スペイン王が、ロシアに、「キリスト教徒のためにチャリティー(寄付金)やボランティアーをくれ。」と言っているんだと思う。)




フランスは、イギリス王室と結婚を始めたので、キリスト教を支援するためのお金を、全く負担しないし、その金をイギリスに渡し、イギリスはロシアの帝位請求・・そして、”ブルボン家はイギリス王室の近しい親戚なのです”と言うつもりだ。



浅ましい病気だ。しかし、「お金をもらえる。」と言われれば人は手を出すものだ。


そんなことをしないように、フランス王は誰かにお金を取り上げられたのかもしれない。

日本のスーパーやコンビニで見かけるブルボンというお菓子はまさか・・・

コイン(貨幣)!?



キリスト教の支援になってしまうものを、中国の円で買わないほうがいいのかな。
中国が最近政治活動のメインテーマにしている社会主義の思想に反する。

ロシアでは同じような商品を売っているのかは分からないけど、
ロシア人の一部の人は日本や中国のキリスト教徒と結婚している。

PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R