忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

明日はヒルズの住人!?

パスポートは金で購入できるよ。


だから、空港を通らないと入国できないから、戸籍を隠そうとしても無駄だと思うよ。




米軍は、ずっと昔から、東京都内の山王ホテルというホテルを借りているらしい。


ところが、有事の際、うみねこは、山王ホテルに詰められるんじゃないかと思った。
実際、イラクでは難民キャンプが用意されてアメリカ軍が片っ端から、イラクの人々を収容しているという話だ。



アメリカでいうと原住民の、インディアンがホテルに住んで、金を支払って、アメリカ人がホテルを経営することになるという話だ。


インディアンは工場で働くことができない。

ということが既にアメリカで起こっているならば、日本に今飛行機で飛来している全ての移民の人々は、米国の移民と同じヨーロッパ国籍を有しているべきだ。


それで、神道住民と移民の、うみねこに対する差別は、何なわけ?


そんな時代がやってきたら、うみねこ、ホテル代ただだにしてもらうだけじゃ足りないよ。
何で、移民にホテルで今日食べる食べ物の量まで決められないといけないわけ?


「食事は絶対、毎食ビュッフェ形式にして!」って言ってるのに「そんな食事は贅沢だ」とか言わせた移民の故郷の国はスペインだろ。日本は、南米の一国じゃない。


洋服は工場で大量生産して、全部新品のまま段ボール箱に詰めてよこせって言ってるのに、
「アメリカではリサイクル品を着ている人がいるんですよ!?」とかいきなり説教が始まるのはナゼ?


うみねこが金持ちすぎてるってどういう意味?





だから、有事の際、
うみねこは、生まれてから1度も海外に行ってなかったし、そんな状況で自分の故郷日本でのホテル暮らしを紹介されるっていうのはどういうことなわけ?!


と思うに違いない。



今度は、どこの国のパスポートを持ってる旅行客がうみねこの監禁されてるホテルに訪ねてきてくれて、日本の原住民になってくれるの?




「日本人のことは嫌い。


だから~特に黒い髪の毛とかが嫌い・・


だから、結婚とかは考えられないけど、どんな贅沢な暮らしをしているのか、ちょっと飛行機に乗って見に来ただけー・・・・・。


だって、僕西洋人ですよ?それなのにー、髪の毛の黒い日本の原住民と結婚するなんて・・・・。プライドが傷つきますよ。」




ホテル内で差別!?


西洋の血筋の移民は、飛行機のチケット代以外は、日本人の金で無賃宿泊?



山王ホテルの住人がどう思うのか知らないけど~、結局日本の工場が潰れちゃってここ中国だから~・・っていう話なら、結局これからここに来る移民は、中国の原住民になれるということだ。で、髪の毛の黒い中国人も否定される。


まぁ、だから、無賃で飲み食いする前に、西洋人の親の血筋の記載されている身分証明書を見せろってこと。




オバマ大統領はインディアンのや、黒人奴隷の血筋を引いているが、原住民との婚姻を促進する開明的な政治をやっているわけではないらしい。ニュースとかぱっと見ただけじゃ出てこないし。オリンピックで忙しすぎたんだよね。





アメリカは、一応オバマ大統領を選挙で選んでやっただけで、人々の気持ちが和むと思ったらしいのか、世の中全く何も変わっていない。


まぁ、それでも、彼は、ある意味では、差別と戦う大統領だ。大統領として再びポカホンタスに会うのが夢だったりしてね。








世界の航空機会社一覧



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E3.83.96.E3.83.A9.E3.82.B8.E3.83.AB
アジア


日本


日本の航空機メーカーは第二次世界大戦敗北によって多くが航空事業から撤退した。現在、航空機あるいはその一部を生産しているのは三菱・川崎・富士・新明和の4社だが、2010年を目処に本田技研工業が参入を予定している。
日本航空機製造(1959年 - 1982年解散)
三菱重工業(1945年解体・分社化、1964年統合) 三菱航空機(2008年 - →MRJ製造のため分社化)


川崎重工業 ↑川崎航空機工業(1937年 - 1969年グループ統合)
↑日本飛行機(1934年 - 2002年子会社化)→ 岡村製作所


富士重工業 ↑中島飛行機(1919年 - 1945年)


新明和工業 ↑川西航空機(1928年 - 1948年)※中島が設立に関与


愛知航空機(1943年 - 1945年 → 愛知機械工業) ↑愛知時計電機(1920年 - 1943年 → 航空機部門を愛知航空機として別会社化)


九州飛行機 (1943年 - 1945年→渡辺自動車工業、2001年会社清算)
日立航空機 → 日立精機 → 倒産後、工作機メーカー森精機製作所(現・DMG森精機)が買収 ↑東京瓦斯電気工業(ガス電、1910年 - 1939年)


立川飛行機(1936年 - 1946年→立飛企業<賃貸業>と新立川航空機に分社) ↑石川島飛行機(1924年 - 1936年)※石川島重工業が経営主導


昭和飛行機工業
日本飛行機(1934年 - )
日本国際航空工業(1941年 - )→ 日産車体 ↑日本航空工業株式会社
↑国際航空工業


伊藤飛行機株式会社(1942年:「日本航空工業株式会社」と合併) ↑伊藤飛行機製作所(1931年)
↑伊藤飛行機研究所(1915年)


東京飛行機製作所(倉敷飛行機、旧倉敷紡績系・大原財閥)
東洋航空工業(1952年 - 1969年)
東京機械化工業
満州飛行機製造 (→瀋陽飛機公司) ↑満州航空の工廠としてスタート。1938年(昭和13年)に航空機メーカーとして独立。


寺田航研
前田航研
横井航空
松田航空
大日本滑空
日本小型飛行機
福田軽飛行機
福長飛行機製作所
神戸製鋼所
萱場製作所(のち萱場工業、現・カヤバ工業(KYB))
王子航空機(旧王子製紙江別工場)
呉羽航空(呉羽紡績(呉羽紡) 富山工場→現三菱ふそうバス製造)
金沢航空工業(日野車体工業→現ジェイ・バス)
松下飛行機(松下電器産業(現パナソニック)の子会社)
伊藤忠航空整備(現ジャムコ)
本田技研工業 - 北米市場向けプライベートジェット機を生産。
富士エアロスペーステクノロジー



イスラエル


周辺が全て敵国であるイスラエルは、フランスダッソーのコピー戦闘機を作るなどして航空技術力を強化している。また、旅客機の貨物機への改造(Cargo Conversion)でも有名である。
イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(IAI):イスラエル・エアクラフト・インダストリーズより2006年に改名。


インド


インドはパキスタンに対抗するため、1960年代から航空宇宙分野に力を入れており、国営のHALを設立した。
HAL
Mahindra Aerospace
Raj Hamsa Ultralights 超軽量機専門


インドネシア


インドネシアはスハルトによる開発独裁体制化で、国営航空企業が設立された。
ヌサンタラ航空機工業(IPTN、1985年 - ) ↑ヌルタニオ航空機工業(1976年 - 1985年)
インドネシアン・エアロスペース


イラン
Iran Aviation Industries Organization (IAIO)
Iran Aircraft Manufacturing Industrial Company (Persian: شرکت صنایع هواپیماسازی ایران, HESA)
SAHA (Iran aviation)
Ghods Industry
Ghods Industry
Fajr Aviation & Composites Industry
Panha


ウズベキスタン
Tashkent Aviation Production Association


大韓民国


韓国では1998年の金融危機によるIMF導入によって財閥が解体され、3社の航空宇宙分野が統合された。
韓国航空宇宙産業(KAI、1999年 - ) ↑現代宇宙航空(1994年 - 2001年)
↑三星航空産業(→現サムスンテックウィン)
↑大宇重工業


台湾


長く軍事開発を行うAIDCのほかに、民間機企業としてTACが設立された。
航空工業開発社(AIDC、旧航空工業開発センター)
台湾エアロスペース(TAC、1991年 - )


中華人民共和国


中国は1990年代の資本主義化の影響で、政府直轄の航空部門が2度にわたって分割され、
中国航空工業第一集団公司(AVICI、1997年 - )
中国航空工業第二集団公司(1997年 - ) ↑中国航空工業総公司(1993年 - 1997年) ↑国務院航空航天工業部( - 1993年)



後にさらに2008年、2社に再合同した。
中国航空工業集団公司 (2008年に第一公司と第二公司が大合同)[1] 昌河飛機工業公司
哈爾浜飛機製造公司
成都飛機工業公司
瀋陽飛機工業(集団)公司 (旧満州飛行機)
南昌飛機製造公司
西安飛機工業公司


中国商用飛機有限責任公司 (2008年に成立)[2] 上海航空機製造公司


中国航天工業公司(1993年 - )
中国航天科工集団公司(2001年 - )- 軍用


パキスタン
Pakistan Aeronautical Complex


米州


アメリカ合衆国


アメリカ合衆国の航空機メーカーは1990年代末になって急速に統合が進んだ。
ボーイング(B)↑マクドネル・ダグラス(MD、1967年 - 1997年) ↑マクドネル・エアクラフト(1938年 - 1967年)
↑ダグラス・エアクラフト(DC、 - 1967年)


↑ロックウェル・インターナショナル( - 1996年) ↑ノースアメリカン (1928年 - 1967年) ↑カーチス(1916年 - 1948年)


↑バートル
ロッキード・マーティン(1995年 - )↑ロッキード(L、- 1995年)
↑マーティン・マリエッタ(1961年 - 1995年) ↑マーチン (1912年 - 1961年)


↑ジェネラル・ダイナミクス(1952年 - 1992年部門売却) ↑コンベア (1943年 - 1954年) ↑コンソリデーテッド (1923年 - 1943年) ↑ギャローデット (1908年 - 1923年)
↑デイトン・ライト (1917年 - 1923年)


↑バルティ (1936年 - 1943年) ↑スチンソン (1920年 - 1940年)


↑ガルフストリーム・エアロスペース ( - 1999年)
↑ギャラクシー・エアクラフト ( - 2001年)


ノースロップ・グラマン(1994年 - )↑ノースロップ( - 1994年)
↑グラマン(1930年 - 1994年)
フェアチャイルド・ドルニエ(2000年 - 2002年)↑ドルニエ ( - 2000年)
↑フェアチャイルド ( - 2000年) ↑リパブリック (1939年 - ) ↑セバスキー (1932年 - 1939年)


レイセオン(1922年 - )↑ビーチクラフト (1932年 - 1980年)
エンストーム・ヘリコプター
ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ ( - 1994年、2000年 - )


シコルスキー (1923年 - )


セスナ(C、1927年 - )


アダム


パイパー(PA、1937年 - )
↑テーラーエアクラフト


ブリュースター (1932年 - 1946年倒産)


ベル・ヘリコプター・テキストロン
↑ベル・エアクラフト (1935年 - 1960年)


エクリプス


MDヘリコプターズ
↑ヒューズ・ヘリコプターズ (1947年 - 1984年)


シュワイザー・エアクラフト


ロビンソン・ヘリコプター
ヒラー・エアクラフト


カナダ
ボンバルディア・エアロスペース ↑カナディア(CN)
↑デ・ハビランド・カナダ(DHC)
↑ショート・エアクラフト


アブロ・カナダ ↑ビクトリー・エアクラフト


ブラジル
エンブラエル


チリ
エナエル


アルゼンチン
FAMA


旧ソ連圏


ロシア


ロシア帝国・ソビエト連邦期も含む。設計局も参照。
統一航空機製造会社


ミコヤンとグレーヴィチ(ミグ、MiG;ロシア語(以下同):ミカヤーン・イ・グリェーヴィチ、МиГミーク)
スホーイ(Su;スホーイ、Суスー)
ツポレフ(Tu;トゥーパリェフ、Туトゥー)
カモフ(Ka;カモーフ、Каカー)
ミル(Mi;ミーリ、Миミー)
ヤコヴレフ(Yak;ヤーカヴリェフ、Якヤーク)
ラーヴォチュキン(La;ラーヴァチュキン、Лаラー) グドコーフ(Гудковグトコーフ、Гуグー)
ラーヴォチュキン・ゴルブノーフ・グドコーフ(LaGG;Лавочкин, Горбунов, Гудковラーヴァチュキン・ガルブノーフ・グトコーフ、ЛаГГラーック)


ポリカールポフ(Po;パリカールパフ、Поポー)
イリューシン(Il;イリユーシン、Илイール)
ベリエフ(Be;Беビェー)
ミャスィーシチェフ(M;ミスィーシチェフ、Мエーム) ペトリャコーフ(Pe;ピトリコーフ、Пеピェー)


イルクート
ロシアン・ヘリコプターズ
ヴォロネジ航空機生産共同体(VASO)
スィコールスキイ(S;スィコールスキイ、Сエース)→アメリカへ
アヴィアコル(Авиакор)
アヴィアインペクス(Авиаимпексアヴィアイムピェークス)
アヴィアヴニート(Авиавнитоアヴィアヴニータ)
アレクサーンドロフ(Александровアリクサーンドラフ)
R.Je.アレクセーエフ(Р.Е.Алексеевエール・イェー・アリクスェーイェフ)
S.M.アレクセーエフ(С.М.Алексеевエース・エーム・アリクスェーイェフ)
アナトラ(Анатра)
アーンネンコフ(Анненловアーンニェンカフ)
アルハーンゲリスキイ(Архангельскийアルハーンギェリスキイ)
ロース・アエロプログレス(РОС-Аэропрогрессロース・アエラプラグリェース)
アエロプラークチカ(Аэропрактикаアエラプラークチカ)
バルチーニ(Бартиниバルチーニ)
ベドゥンコーヴィチ(Бедунковичビドゥンコーヴィチ)
ベリャーエフ(Беляевビリャーイェフ)
ベレズニャーク(Березнякビリズニャーク)
ビスノヴァート(Бисноватビスナヴァート)
ボーク(Бокボーク)
ボルホヴィチノフ(Болховитинов)
ボロフコフ(Боровков)
ブラトゥーヒン(Братухин)
ヴァフミストローフ(Вахмистровヴァフミストローフ)
ギドロプラーン(Гидропланギドラプラーン)
グリボーフスキイ(Грибовскийグリボーフスキイ、Гゲー)
グロホーフスキイ(Гроховскийグラホーフスキイ、Гゲー)
グルーシン(Грушинグルーシン)
デメーンチエフ(Дементьевヂミェーンチイェフ)
エルモラーエフ(Ермолаевイルマラーイェフ)
ZIG(ЗИГズィーク)
KAI(КАИカーイ)
KVZ(КВЗカーヴェーゼー)
クルィローフ(Крыловクルィローフ) コルパコフ・ミロシュニチェンコ(Колпаков-Мирошниченко)


コルチャーギン(Корчагинカルチャーギン)
KOMTA(КОМТА)
コズローフ(Козловカズローフ)
コンベールスィヤ・アエロ(Конверсия-Аэроカンヴィェールスィヤ・アエラ) OKB-LA(ОКБ-ЛА) チェルノーフ(Черновチルノーフ、Чеチェー)


コンスタンチノフ(Константинов)
クザコフ(Кузаков)
クルバラ(Курбала)
ラーダ・レンド(Лада Лэнд)
リスノフ(Лисунов)
レーベヂェフ(Лебедевリェービェヂェフ)
リスィーチュキン(Лисичкинリスィーチュキン、НИАИ)
MAI(МАИ)
マールコフ・スカールボフ(Марков, Скарбовマールカフ・スカールバフ) マールコフ(Марковマールカフ)


モスカ(Моска)
モスカリョーフ(Москалев)
モールニヤ(Молнияモールニヤ)
ニキーチン・シェフチェーンコ(Никитин, Шевченкоニキーチン・シフチェーンカ) ニキーチン(Никитинニキーチン)


ネーマン(Неманニェーマン)
OOS(ООС)
パシーニン(Пашинин)
ラファエリャンツ(Рафаэлянц)
トマーシェヴィチ(Томашевичタマーシェヴィチ)
テフノアーヴィア(Техноавиаチフナアーヴィア)
TREK(ТРЭКトレーク)
タイーロフ(Таировタイーラフ)


ウクライナ
アントノフ(An;ウクライナ語:アントーノフ、Анアーン;ロシア語:アントーナフ、Анアーン)
アエロコプター(ウクライナ語(以下同):Аэрокоптерアエロコープテル)
アエロプラクト(Аэропрактアエロプラークト)
アエロプログレス(Аэропрогрессアエロプロフレース)
グリゴローヴィチ(Григоровичフルィホローヴィチ)
カリーニン(Калининカリーニン、Кカー)
リリエンターリ(Лилиентальリリエンターリ)
NARP(НАРП)
アヴィアント
ハルキウ航空機製造企業


欧州


共同
エアバス(A)(旧エアバス・インダストリー)
EADS (2000-)(本社はオランダ) ↑アエロスパシアル(フランス)
↑DASA(ドイツ)
↑CASA(スペイン)


ユーロコプター(EC) ↑アエロスパシアル(フランス)のヘリコプター部門
↑DASA(ドイツ)ヘリコプター部門


ユーロファイター
ATR ↑アエロスパシアル(フランス)
↑アレニア(イタリア)


アグスタウェストランド ↑アグスタ(イタリア)
↑ウェストランド(イギリス)


イギリス
BAEシステムズ (1999-) ↑ブリティッシュ・エアロスペース(BAe, 1977-1999) ↑ホーカー・シドレー・エアクラフト(HS, -1977) ↑ホーカー・エアクラフト (1920-1934) ↑ソッピース (-1920)


↑グロスター・エアクラフト (1917-1960)
↑ハンドレページ・エアクラフト (1909-1970)
↑ブラックバーン・エアクラフト (1914-1949)
↑デ・ハビランド・エアクラフト (DH, 1920-1959) ↑エアコー (1912-1920)


↑ブリティッシュ・エアクラフト・コーポレーション (BAC) ↑ブリストル・エアロプレーン (1910-)
↑イングリッシュ・エレクトリック (EE)
↑ビッカース・アームストロング (1927-) ↑ビッカース (Limited, 1828-)
↑アームストロング・ホイットワース・エアクラフト (AW, 1897-)


↑スコティッシュ・アビエーション (-1976) ↑ビーグル・エアクラフト ↑マイルズ・エアクラフト (-1961)
↑オースター・エアクラフト (1938-1962)


↑アブロ (1910-1977)
↑スーパーマリン・アビエーション・ワークス (1912-1977)


ウェストランド・エアクラフト (1935-2000) → アグスタウェストランドへ ↑フェアリー・アビエーション (1916-1960)


ショート・ブラザーズ (1908-1992) → ボンバルディアへ
ブリテン・ノーマン (BN, 1960's-)
ボールトンポール・エアクラフト (1914-1961)


フランス
ダッソー ↑ブロッシュ(Bloch:ブロッホ、ブロックとも)
↑ブレゲー (1911-1971)


アエロスパシアル・マトラ → EADSへ ↑シュド・アビアシオン(1957-1970) ↑SNCASE ↑リオレ・エ・オリビエ[LeO] (1907-1936?)
↑ロマノ(1921-1936?)
↑ドボアチン


↑SNCASO ↑ブレリオ ↑SPAD(1910-1921)


↑ブロッシュ
↑ロワール・ニューポール ↑ロワール
↑ニューポール


↑SNCAC ↑ファルマン
↑アンリオ


↑ノール ↑SNCAN ↑ポテ (Potez:ポテーズとも)(1919-1936?)
↑ミュロ
↑アミオ


↑マトラ


ソカタ
モラーヌ・ソルニエ
ルバッスール
サルムソン
コードロン
ロバン


ドイツ
AEG
フォッケウルフ(Fw) ↑アルバトロス (1910-1931)


ユンカース(Ju)
フォッカー(F)
ハインケル(He) ↑ハンザ・ブランデンブルク (Hansa und Brandenburgische Flugzeug-Werke)


アラド(Ar) (1925-1945)
メッサーシュミット・ベルコウ・ブローム(MBB) → DASA → EADS・ユーロコプターへ ↑メッサーシュミット(Bf, Me) ↑バイエルン航空機 (Bayerische Flugzeugwerke)


ダイムラー・クライスラー・エアロスペース(DASA) → EADSへ
ドルニエ(Do) → フェアチャイルド・ドルニエへ
ブローム・ウント・フォス(Bv)(1937- ) ↑ハンブルガー航空機(Ha) (1933-1937)


ルフトヴェルケルゼルシャフト (LVG)
ゴータ(Go)
ヘンシェル(Hs)
ファルツ航空機製造
エクストラ(Extra Flugzeugbau)


イタリア
アンブロシーニ (Ambrosini)
アンサルド
ブレダ
カント (CANT)
アレーニア・アエルマッキ ↑SIAI-マルケッティ(サヴォイア=マルケッティ)
↑アエルマッキ


アグスタ・ウエストランド ↑アグスタ ↑カプロニ (Caproni)


 アレーニア・アエロナウティカ ↑アエリタリア ↑フィアット ↑ポミリオ (Pomilio)


↑アエルフェール(旧IMAM、メディオナリ) (IMAM)


レジアーネ (Reggiane)
ピアッジョ


スイス
ピラタス・エアクラフト


スペイン
CASA → EADSへ


オランダ
コールホーフェン (1930-1940)


スウェーデン
SAAB(サーブ)


フィンランド
ヴァルメト
ワルシオン・レントコネテーダス(国立飛行機工場)


オーストリア
ローナー
フェニックス


チェコ
アエロ・ボドチョディ
LET
モラバン ↑ズリーン


ブルガリア
アヴィアテフニカ(ブルガリア語(以下同):Авиатехникаアヴィアテフニーカ)
ダール・ボジュリシテ(ДАР-Божурищеダール・ボジュリシテ、ДАРダール)


ルーマニア
IAR


ポーランド
PZL-ミェレツ
PZL-シフィドニク


旧ユーゴスラヴィア
ソコ (SOKO)
ウトヴァ (Utva)
イカルス


アフリカ州


南アフリカ
アトラス・エアクラフト
デネル・エアロスペース・システムズ




移民の王、ジョージ・ブッシュ前大統領。


愛国者法サインの日に、黒人とインディアンが混ざってない。

PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R