忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

Capital Light transmitting signal 12

・イスラエルまんが102からタイトルを変更しました。
イスラエルの話に関係ないかなと思いました。

・追記を書きました




2017/09/1515:42:06







何の話をしているのか全然分からない。
私が最初に理解できた話が、間違っているのかもしれないと思っています。




東芝の電化製品を買いたいのに東芝は倒産したのか?
東芝がやっていた原子力ビジネスがうまくいかなくなって、
東芝は原子力を失ったのかもしれない。
原子力無くなったら意見を言えない。

原子力ビジネスの損失を埋めるしかないから、
投資ファンドに2.4兆円で半導体を売って、
損失は全部カバーできて、利益も出る。

でも、1回限りで、半導体を売ったら普通もう売るものがないよね、
その先どうするんだろう?

東芝が倒産しなくて、電化製品を引き続き買えるならそれでいいと思う。
何だろう巨額な損失って分からないから忘れちゃえ。




半導体を買います。

半導体を買いたい人は、日米韓、台湾。

検索結果の画像には載せなかったけど駐車場に自家用車もある。

最初は、着物(民族衣装)とお金しか持っていなかったんだって。

要するに電車の駅直結の、駅ビルにショッピングモールとカフェテリアのある、
ちょとしたレオパレスが一杯並んでいる街のことかな。
 



半導体を売って売るものがなくなった会社はどうするんだろう?

病院は、上記の町の中の一施設で、半導体買うときに一緒に買ったから、
メディカルサービスは売れない研究所。

あとよく分からない会社が沢山ある。




ニューフレアーが新しい時代を開く。
半導体の次に売れるのは、ニューフレアー?






  

NuFlareって、この機械の事なのかな・・・

いらないもの(売れるもの?)・・枚葉 低コスト 省エネ 垂直ガス? 

NuFlare・・ウェーハ回転 μm成膜 膜厚? エピタキシャル?? 成長? 省エネ??






すごい機械。何の機械なのか全然分からないけどすごく(価格が)高くて
ニュースも出ています。



NuFlareはどんなことを行っているのでしょうか?

NuFlarehaは、水(淵?)の中にあるみたいな鮮やかな紫色のことで、それが欲しいと言うとこの機械がある?

関係書類のある(紙で内容を確認できる) industriesと、それを供給できる人を、providers,
といって、資料をすぐに提出できる。
資料は、本文のサイトに掲載されている何かの表のことかなと思いましたけど、
私は実は、英語が全然分からないから違うかも。


Ultraviolet in-depth Ultraviolet opportunities, player profiles and Ultraviolet investments,Their primarily  questions upon investments  are mainly industry and related industries,providers of the industry's that were used to Ultraviolet industry.



(本文)

http://entertainmentnewsaccess.com/extreme-ultraviolet-lithography-systems-market/


Global Extreme Ultraviolet Lithography Systems Market Research Report 2017 to 2022 presents an in-depth assessment of the Extreme Ultraviolet Lithography Systems including enabling technologies, key trends, market drivers, challenges, standardization, regulatory landscape, deployment models, operator case studies, opportunities, future roadmap, value chain, ecosystem player profiles and strategies. The report also presents forecasts for Extreme Ultraviolet Lithography Systems investments from 2017 till 2022.


This study answers several questions for stakeholders, primarily which market segments they should focus upon during the next five years to prioritize their efforts and investments. These stakeholders include Extreme Ultraviolet Lithography Systems manufacturers such as ASML, Canon Inc., Nikon Corporation, Intel Corporation, SUSS Microtec AG, NuFlare Technology Inc., Samsung Corporation, Ultratech Inc., Vistec Semiconductor Systems, Taiwan Semiconductor Manufacturing Company Limited (TSMC), etc.


Primary sources are mainly industry experts from core and related industries, and suppliers, manufacturers, distributors, service providers, and organizations related to all segments of the industry’s supply chain. The bottom-up approach was used to estimate the global market size of Extreme Ultraviolet Lithography Systems based on end-use industry and region, in terms of value. With the data triangulation procedure and validation of data through primary interviews, the exact values of the overall parent market, and individual market sizes were determined and confirmed in this study.


  


The research provides answers to the following key questions:

  • What will be the market size and the growth rate in 2022?
  • What are the key factors driving the global Extreme Ultraviolet Lithography Systems market?
  • Who are the key market players and what are their strategies in the global Extreme Ultraviolet Lithography Systems market?
  • Trending factors influencing the market shares of the North America, Europe, China, Japan, and Southeast Asia, India.
  • What are the key market trends impacting the growth of the global Extreme Ultraviolet Lithography Systems market?
  • What trends, challenges and barriers are influencing its growth?
  • What are the market opportunities and threats faced by the vendors in the global Extreme Ultraviolet Lithography Systems market?
  • What are the key outcomes of the five forces analysis of the global Extreme Ultraviolet Lithography Systems market?

This independent 103 page report guarantees you will remain better informed than your competition. With over 170 tables and figures examining the Extreme Ultraviolet Lithography Systems market, the report gives you a visual, one-stop breakdown of the leading products, submarkets and market leader’s market revenue forecasts as well as analysis to 2022.


Geographically, this report is segmented into several key Regions, with production, consumption, revenue (million USD), and market share and growth rate of Storage Area Network Switch in these regions, from 2012 to 2022 (forecast), covering


The report provides a basic overview of the Extreme Ultraviolet Lithography Systems industry including definitions, classifications, applications and industry chain structure. And development policies and plans are discussed as well as manufacturing processes and cost structures.


Then, the report focuses on global major leading industry players with information such as company profiles, product picture and specifications, sales, market share and contact information. What’s more, the Extreme Ultraviolet Lithography Systems industry development trends and marketing channels are analyzed.


The research includes historic data from 2012 to 2016 and forecasts until 2022 which makes the reports an invaluable resource for industry executives, marketing, sales and product managers, consultants, analysts, and other people looking for key industry data in readily accessible documents with clearly presented tables and graphs. The report will make detailed analysis mainly on above questions and in-depth research on the development environment, market size, development trend, operation situation and future development trend of Extreme Ultraviolet Lithography Systems on the basis of stating current situation of the industry in 2017 so as to make comprehensive organization and judgment on the competition situation and development trend of Extreme Ultraviolet Lithography Systems Market and assist manufacturers and investment organization to better grasp the development course of Extreme Ultraviolet Lithography Systems Market.


The study was conducted using an objective combination of primary and secondary information including inputs from key participants in the industry. The report contains a comprehensive market and vendor landscape in addition to a SWOT analysis of the key vendors.


There are 15 chapters to deeply display the global Extreme Ultraviolet Lithography Systems market.


Chapter 1, to describe Extreme Ultraviolet Lithography Systems Introduction, product scope, market overview, market opportunities, market risk, market driving force;


Chapter 2, to analyze the top manufacturers of Extreme Ultraviolet Lithography Systems, with sales, revenue, and price of Extreme Ultraviolet Lithography Systems, in 2016 and 2017;


Chapter 3, to display the competitive situation among the top manufacturers, with sales, revenue and market share in 2016 and 2017;


Chapter 4, to show the global market by regions, with sales, revenue and market share of Extreme Ultraviolet Lithography Systems, for each region, from 2012 to 2017;


Chapter 5, 6, 7,8and 9, to analyze the key regions, with sales, revenue and market share by key countries in these regions;


Chapter 10and 11, to show the market by type and application, with sales market share and growth rate by type, application, from 2012 to 2017;


Chapter 12, Extreme Ultraviolet Lithography Systems market forecast, by regions, type and application, with sales and revenue, from 2017 to 2022;


Chapter 13, 14 and 15, to describe Extreme Ultraviolet Lithography Systems sales channel, distributors, traders, dealers, Research Findings and Conclusion, appendix and data source.



紫外線は、半導体と何の関係があるのかは私には全然分かりません。
資料を提出できる人は紫外線の発見者の人?
Johann Wilhelm Ritter


半導体の歴史には研究者の名前が一杯書いてあるので、
半導体の項目にします。

半導体





<追記>


私は、半導体が何か分からなくて、リニアモーターカーのことだと聞きました。

リニアモーターカーを買うは平成天皇の家系の財産で、

ご自分で買った機械は操作方法を説明された上で、ご自分で操作するということだと思います。

大学で外国製の高価な機械を操作する資格を得るべく猛勉強するのは皇族の末裔だけということになるのかもしれません。

駅ビルの商業施設のレジの機械は、数が一番多いと思いますが、
商業施設で働く人は必然的に全員皇族の末裔になり、
皇族が、通勤用のお車に乗り、皇族のテレビに皇族が映り、皇族の血筋の孫のかわいい女の子だけが赤ん坊を生んだと家族に報告する駅前のオーロラヴィジョン!


東芝の社長さんは、日本政府から、「あなたの家の苗字は何か?」と聞かれているんだと思いますね。

そもそも全ての人に高等教育を施す大学に通う金を支払ってやっていたこと自体おかしかったし、物を売れば売るほど、会社の人間の価値は低められ、どうでもいい存在になるわけです。

皇族の方が、商業施設で売っているものは野菜と布だと思いますね。
東芝の社員さんは、レジの機械を売って、自分のご家族用には、布や洋服を買うと思います。





私の考えが正しいか分からないのですが、私は賃貸住宅の住人ですから、
賃貸住宅の会計は日本国の会計とは別だと思います。

賃貸住宅の住人に対して、「日本製を買うのか」と言う野菜と布売りの質問自体がおかしい。

賃貸住宅の人が何を買うのか日本国が決めているわけではありません。
日本人と賃貸住宅の人が結婚すれば、賃貸住宅の部屋の中にあるテレビに平成天皇の顔が映りこむようになり、賃貸住宅の人の生活用品は、日本人(皇族)は無料で使いたい放題だそうです?

日本語のじいちゃんばあちゃんの住む実家に挨拶に行くと賃貸住宅の人よりも高級な家を所有していると自慢する。
そして、「お前の家とは格が違う」と言う。
「お前より格の高い家が使うのは、高級言語だから、日本語を話すべきだ」と言うわけだ。

シャンデリアのある家は日本人の家だけにしておいたほうがいいんですよね。
あれ(身分)を売ってるのかと思ったら買ったんだって。ラベルには、松下電器って書いてありました。

東芝は、炊飯器が得意だと広告には書いてありました。
農村のかまどの、直火で炊き上げたお米ですが、高級品だと思います。
その炊飯器買いたいと思ったのですが、売っているんですよね!?

お米は実はタイでもオーストラリアでも米国でも生産できることが分かったんです。
特にアメリカ人は、「皇族」に憧れており、日本をアメリカの州にしないみたいです。



検索したところ、この方は、お金持ちなのでこの戦闘機を個人の財産で買う予算をお持ちなのかもしれません。




では、ゴルバチョフ大統領の別荘の料理人をしていた父の子だと言うこの方は・・?



近代的な町を買い上げた平成天皇の父は、平成天皇よりも、もっとお金持ちだったに違いありません。




私は、前に、皇帝が、自転車を買ったという話は見たのですが・・・ベビーカーとカメラも買っていたのですね。
  




<追記その2>
紫外線 半導体 ・・何の関係があるのかな?と思って検索したら、
分子線エピタキシャル法って書いてあるのは、太陽電池を作ってる技術?

産総研  紫外線の半導体は、東大がもう持ってる売れる電池のことだ、多分。

上のページの中のから、太陽光発電研究所のページにリンクがあります。

勘で・・(薄膜って書いてあった。)
薄膜シリコン太陽電池


掲載されていた図を改変するのもどうかと思ったのですが、
紫外線の半導体は、こういうものに見える。

「プラズマ。これプラズマ、っていう銀の入れ物。

わ~この紫色きれい~。
紫色はこの銀色の中で生まれる。この銀の金属お金、どこにあるの、いっぱいちょうだい。」

とか言ってる?

多分、東芝の半導体工場の材料の産地にある金属のこととか?

 

あっ、これは、紫色の電池!?


富士電機アドバンストテクノロジー社は、富士電機ホールディングズという会社になったそうです。

wiki 富士電機

紫外線半導体レーザー発光と書いてあって、深紫外の領域というものもあるそうです。
すばらしいですが、何の話だか全然分かりません。








PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R