忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

月牙湾4

サウジアラビアは、日本に大変な興味を示しているそうです。
サウジアラビアでは、日本のことを紹介する番組があるそうです。


私は、以前サウジアラビアのことを紹介した番組を、テレビで見ました。

印象に残ったのは、
サウジアラビアの人は、紫色や黄緑色や、他何色か(あったかもしれません)の
ペンの入ったペンスタンドを紹介し、
「どの色が一番高級だと思いますか?」
と質問していました。
   

「色なんかどうでもいい。」というのが日本人の多くの人の意見です。
でも、調べてみたところ、日本には、伝統色は一応残っているそうです。


http://irocore.com/seihakuji/


最近、日本は、アフリカやアジアのイスラム地域の貧しい人々の生活環境を改善するべく本格的な支援活動に乗り出したそうです。

イスラム教の貧しい人々を支援するということは、将来的にはイスラム教の人々が、商品の購入客になるわけです。

洋服が浸透していると聞いていますが、イスラム教の地域では身分制度があり、
特に日本の支援活動に記載されていないインドでも、カースト制度が残っており、
身分によって纏う布の色が違うのかもしれません。
もしそうなら、何色がどの身分を表すのかが大変重要になってくるわけです。


日本では、国民の象徴と身分が同じ男性はスーツを着ているのかもしれません。
女性では、テレビでコメントしていいのは、赤い服を着た人でしょうか?
検索したところ、赤い色は紅花色といって染料は紅花から採れる赤い色素だそうです。


イスラム教徒の領域では、人々には、生まれながらに与えられた階級と民族名があり、着る洋服が決っているということです。


トルコの皇族のお洋服の色は、検索したところ、青白磁というそうです。
説明には、大名家などが愛好した高級な中国の壷の釉薬の色、とあります。

前に書いた記事 トルコ外務省のニュース

フランスの友人の、肌の色の浅黒い東洋人は、フランスのアイドル即売会の会場で、グラビアアイドル並みに萌え系。

フランスで大人気のグラビアアイドルが、トルコで婚約の報告をされた皇族の方だと知って驚いています。

イスラム教徒の衣料を染める染料は、フランスのグラビアアイドルの自慢する洋服の色にも劣ると、トルコ政府が発表しているわけです。

フランスは、自由な私に、クレープ屋を開き、
「自由な人には、汚いダンボールを裏返して作業台として使うくらいで十分だ」と言って、
私に汚いクレープを渡し、更に「私のクレープは有料だ」と言いました。

私は生まれながらに与えられたイスラムのピンク色の洋服があるとしても、現在は着ていません。
私はイスラムの身分制度を拒否しており、私は自由です。




フランスで大人気のグラビアアイドルは、日本語で、日本語を理解する大金持ちに訴えています。

「海外での生活を希望している。」

と言っています。

フランスと一緒に、イスラムのカースト制度がこの島から消えてなくなると思うので、
私は、どうやってか、港区の辺りに開店しているあの薄汚いフランス人のクレープ屋とフランス大使館をこの日本列島から追い出してもらえるなら、彼らの身柄をフランスに返還するべきだと思います。

スペインではテレビアナウンサーでも皇太子と結婚しているんだから、
スペイン王国の大使館がニュースを出さないだけでもう国王は承認されているんでしたら、
あと大使館から発表があるだけだと思いますけど。

トルコ外務省員の夫のフランスの貴族の家系か、もっと純粋なヨーロッパ人の血を受け継ぐ王族の一員と結婚できる手はずが整ったということだと思いますね。






そうでないなら、この日本列島が、永久にトルコとか、フランスという名前のままで、
私があの汚いクレープ屋から一生汚いクレープを買わされ続けるという事なの!?
日本=カースト制のある海外 ということなの!?


カタールは、「(おまえは)空を飛び回って刀を振り回す鳥になってやる!」と言って、
私に旅行用の飛行機のシートを売りつけたいそうです。

カタールが小さい国でよかった、
カタールがインドだったら私はテロの飛行機の弾丸の一つになって消えてしまいます。






だから、私はまだ希望を捨ててはいません。

別に、アフリカが開発したのか何だか知りませんけど、
私が(本来)着ているのかも分かりませんし、イスラム教の色かどうかも分かりませんけど、
マゼンタとか、ショッキングピンクという色の布はあります。

あの色は、ベルサイユの離宮のトリアノンに売ったらしいです。
王妃様のソファーの色で、ハプスブルグが

”今日の私の着ている色どう?どう?(王族に見えるかしら?)”

って聞いてくれるんですけど日本の皇族にも同じ布売るということなのでしょうか?

ハプスブルグもよく分かっていると思いますが、かつて、自分の家の子供を芸能人として日本に送り込んだそうですが、
ヨーロッパがイスラム化しないと、トルコも、トルコの皇族の日本人もヨーロッパに加盟できないのです。


私はヨーロッパの暮らしをすごく愛しているからトルコ人にはなれません。
ヨーロッパはあります。
首都がブリュッセルではヨーロッパはイスラム化してしまいます。
私は「ウィーンは破壊してしまわれたらいかがでしょうか」と言っています。

それでも、私は自由でいたい。




ところが、冗談じゃないと思う話があります。

ハプスブルグが「あなた(ピンク色のイスラム教徒)と同じ服を着たい」と言って、
NYのベーグル屋台に入り込んでいるらしいですけど、
私は日本で、NYからやって来たベーグル買おうか悩んでいます。

それから、日本には、イギリス王国の、コーンウォール公爵夫人が紋章を掲げてお店を開店されたらしいので、スコーンを買うべきなのか悩んでいます。

私は、この日本島で、ロシアから渡ってきた英国スコーンを食べてインドからやってきたスリランカ紅茶を飲んで暮してもいいと思っています。

私は中華まんを作りたいし、中国の豚肉を食べる習慣も大好きです。
私はラーメン屋でビールを飲みたいです。

個人的には、いいと思う色は、金だね。
金の服がいいと思いますね。

一体何の権力が、私にそんな人生を選択させるのでしょうか。

「フランス人よりはきれいな屋台の調理台で、調理している(=きれい)」

私が求めていたのは結局それだけのことだ、とイスラム教は言うわけです。



それが、このトルコの皇族でしょ。

この間書いた記事があります。イスラエルまんが36 月牙湾1
誰なの美智子って・・すごい権力者だわ。
もちろん、私たちが金色の服を着せてやったから、ハプスブルグ以上のイスラム教の権力者だわ。

今日もすごい威厳のある王族に見えているわ。

検索結果の別の写真



今度の王妃は正田家は、やめで、小和田家。

ハーバード大学だわ、頭がいい人を評価しているわ。

アメリカを勝たせて欲しいの。
ハプスブルグがアメリカに渡っているわ、
首尾よく日本の小和田家と一緒に アメリカのインペリアルウェディングを執り行ったわ。

小和田家が欲しいのは正田家の金色の服だと思うわ。
ハプスブルグにはもっと特別な洋服が必要なの、そんなの、まるで小和田家の人みたいだわ。




世界中が、皇帝の末裔のハプスブルグに話しかけているのよ、オーストリア語で。
最近、美智子の子どもだとか、孫だとか、小和田だとかいう名前の人が返答しに出てくるの。
日本人って・・何かしら?
このブログは、日本語で書いているから、日本人が自分の国の国王がバカにされたと思って出てくるのだわ。
でも、私は日本人には、話しかけていないわ。
子供の頃から日本の皇室の方は王様で町に住む平民とは身分が違うと教育されています。
PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R