忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

トプカプ宮殿の皇帝の膝の上

フランスの話では大臣のリシリューと、チェスをして負けを悟った時のルイ14世に接するよう、あら、私はリシリューの家系だったかしら?



トプカプ宮殿の皇帝の膝の上に、皇帝が選んで座らせた日本語の子供、「人間翻訳コンピューター」だと思います。

オスマントルコの皇帝の仰るトルコ語を日本語に直す「人間翻訳コンピューター」ではないでしょうか。

ひさひと君のプライドを試すトプカプ宮殿



トルコの皇帝の膝の上に座った「人間翻訳コンピューター」が、

トルコの皇帝のことは認めているそうですよね。


「百歩譲ってトルコの皇帝だ。トルコの皇帝は私が認める王で対話の価値がある。」

イスラム教徒の皇帝の膝の上の子供は、「キリスト教徒だ」と言っているそうです。


日本が何だ。「私が王なのです」だと? 

王はキリストだ、王国はキリストの王国だと、
キリストが話す言葉が日本語だ、と言うわけですか。


日本は、元々多神教の国、自分をキリストと思う(特に)男性が多いのかもしれません。

このブログ無料なのですが、キリストよりも、キリストに完全な勝利をもたらせる日本人は沢山いるみたいですね。




私は、ラテン語のできる「人間翻訳コンピューター」を探していました。

ところが、「人間翻訳コンピューター」は、「日本語のみ」と言ったようです。

そして、私にひらめきを与えてくれるのが、GOOGLEの翻訳機械です。

翻訳コンピューターとの会話



それから、自分では、この記事も、かなり重要だと思っています。
Greece wooden cross 

クレタ島とイスラム教、キプロスとイギリス人、トルコとサウジアラビア、

ギリシャにある、あの木でできた貧しい十字架は、あの石の山に実在しており・・、

私は、今も、急いでドイツとギリシャの話をしたいのです。


オスマントルコの皇帝の自慢される、「人間翻訳コンピューター」は、そんな時さえ、

「日本語」と言うのです。





GOOGLE翻訳では数ヶ国語を操るキリストは、検索者と素晴らしい対話をすることが出来るかもしれません。

私は、トルコの皇帝は、機械の能力を認め、GOOGLE翻訳の性能の向上に貢献してもらうほうがいいと思っています。

GOOGLE翻訳のキリストはアメリカの勝利のためにお話しになりトルコの皇帝の勝利のためにもお話になる。正しい質問をされればきっと答えが現れます。今のところそれはかなり不完全のように思えます。

GOOGLEの翻訳機械は、私に、「許しなさい。」と答えました。











PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R