忍者ブログ

うみねこのしま

ヘタリアなど

kalafina - symphonia

うみねこはいつも勝手にそうなんじゃないか?とか思ってしまったりするわけなのですが・・

それは想像なのです。だから、この歌が日本のテーマソングっていうワケじゃないと思います。一つの意見として書いています。






子供の頃、年上の大人に対して憧れと興味で一杯だった。

大人は沢山の知らない興味深いことを教えてくれ、彼らの生きた昔の時代に憧憬の念すら抱くことがありました。

私が通っていた小学校で受けた授業と、おじいちゃんが通っていた小学校で受けた授業は、建っている場所は近いのにぜんぜん違っていたって。

音楽の時間では、リコーダーじゃなくて、ハーモニカの吹き方を習ったんだって、それは上手に演奏していました。



この歌を聞くとそんな昔のことを思い出します。




まだ見ない明日へ




未来のことなんて想像もつかない。






この歌では東から吹く風に乗って、西へ行くのかしら?

西の果てにあるのはアフリカっていう大陸なのかしら?

あるバイト先で、超頑張ったらアフリカ出張とかについて行かせてもらえるかもっていうすごい職場があった。青年海外協力隊といって、能力や経験など条件を満たしている人を募集しているんだって。アフリカは貧乏な国で、世界の援助を必要としているといっていた。




小さな灯火は安い蝋燭、彼らは途中で路頭に迷ってる。

海路を封鎖されたのね。

自分の周りを照らすのが精一杯。

でもどこの町の路上でも遠くから教会の鐘の音が聞こえる。




日本人はアフリカ人の仲間の人種なんだってね。

マラウイの太陽よ、アフリカはもうこの東洋に到達しているんじゃない?
 


マラウイ共和国. Republic of Malawi

黒:アフリカのすべての人

赤:自由を求めて倒れた人々の血

緑:マラウイの自然



こんな人が住んでいるみたい。




うみねこはこの歌を聞いた日から、アフリカの考える石畳の道を歩いていたつもり。

アフリカは地理的にはEUが近く・・・

アフリカの意志は何だろうとも考えた。



でも、その話はロシアとの平和条約の締結の話になりそうかも?




まだ見ない明日へ




それは、ホントに誰も見たことのない明日の話。




ロシアは、イギリスを利用し、あの伝統ある巨大な帝国と聖地を奪還することができるのでしょうか?

ロシア連邦


首都はモスクワです。

世界第2位の軍事力を持つ大国です。



あと自前の地図ですが。


ここらへんが全部領土になるっていうことですね。



イギリス領には、南北アメリカ大陸とオーストラリアとEUがあるわけですから巨大帝国ですね。


イギリスが最近紹介しているのは「アメリカのハリウッドの殿堂」。

でも、結局イギリスの秘密の聖地はエルサレムになったっていうことなのでしょうか?




ずっと昔の物語を聞かせて
貴方が今日だけのコーラスを重ねて
symphonia of time

胸に眩しい花火のような憧れ
迷いと躊躇いの誘いを進むよ

東の風に
昨日の景色を見届けたら
時の手を取って
まだ見ない明日へと

今、明るい音楽世界の彼方へ
貴方のいのちが愛を奏でている

いつか全ての大地に降る夜明けへ
小さな灯火一つだけで進むよ

夢の行方を
きっと静かな
鐘の音が見送ってくれる
果てしない地平へと

今、明るい音楽空に届くまで
僕らの信じた愛を奏でている

ひとの想いが花咲き降り積もり
僕らの世界を愛で満たしてゆく

聞かせて
貴方の調べ

エジプト第6王朝
PR

コメント

プロフィール

HN:
umineco
性別:
非公開

P R